住宅ローンは近年金融業界が不況といったこともあり、審査もだんだんと厳しくなっているのが現状と言われています。
そのため、融資を申し込む際には事前に審査のことについて知っておく必要があるといえるでしょう。
今回は住宅ローンの審査が通りやすくなるコツについて分かりやすくご紹介致します。


住宅ローンでは独自の審査基準があるのでご注意

住宅ローンでは他の融資と同じように年収や生年月日といった基本的な情報だけでなく、返済負担額など独自の基準で審査をすることが知られています。
そのため、住宅ローンに申し込みを行う際にはこうした点にも注意しておくことが重要となるでしょう。
一般的に年収の30%以下で返済額がおさまる状態であれば優良な融資といわれているので、これを大幅に超える融資を希望している方は審査に通ることが難しいといえるでしょう。


高額融資では生命保険の加入も見られています

また上記の審査基準以外にも、高額融資独自の審査基準として生命保険に加入いているかどうか見られるというのもポイントです。
特に住宅ローンでは完済するまでに長い年月が必要となるので特に重要視されると見たほうがいいでしょう。
そのため、審査に通るかどうか厳しいという方は生命保険に加入してみるのも有効かもしれません。
生命保険をおすすめするというのはあまり気の進む話ではありませんが、大金が動く話なので、こうしたところも住宅ローンの審査では見られているということを意識した方がいいでしょう。

人には様々な事情があります。どうしても住宅ローンの支払が難しくなり、住宅を手放す手続きが必要な場合もあります。
ローンが支払えなくなり、任意整理などで自宅を手放した過去がある場合、再び住宅ローンを申請することは可能なのでしょうか。


<過去に任意整理をしていても住宅ローンの申請は可能です>

ただし、これには条件があります。
任意整理から5年が経っており、なおかつ返済も済んでいること。
それなりの貯蓄がありできるだけの頭金が用意できること。

任意整理から時間が経っていない場合は、新たな申請しても不可になります。
これは、申請の際に審査される項目に本人の年収の水準、勤務先の状況、そして本人の信用情報の参照があるからです。
本人の信用情報とは、過去に支払いを滞納したことがあるかなどの、いわゆるブラックリスト情報です。

任意整理をしていた履歴が信用情報から消えるまでに、5年がかかります。
そのため、再びローンの申請をする場合には少なくとも5年の期間が必要なのです。


<住宅ローンには計画性を>

過去に任意整理をしたことがあっても、新たに家庭を持ったり、どうしても住宅が必要になる場合もあります。計画的に住宅ローンの返済を行うために、また再び任意整理しなければならない状況を避けるために、今の自分の状況で支払いを続けられるかをきちんと考えましょう。

住宅ローンでは安定した収入に着目して審査を行っていきます。安定した収入とは、呼んでその名の通り安定している、つまり継続した収入が無いといけないのです。ですから、今働いている職場で多額の収入を得ていたとしてもその人の労働状態によっては住宅ローンは貸し付けてくれないかもしれないのです。


<収入だけでなく勤続年数、雇用状態も見られる>

審査で見られるのは収入の多さだけではなく、今の職場の勤続年数も見られます。勤続年数が長ければ長いほど、安定した収入が見込めるという事で住宅ローンの審査に通りやすくなるのです。また、同様な理由で雇用状態も見られます。日本では正規雇用の社員の方がリストラに遭う可能性も少ないため、正規雇用で雇ってもらっている方が審査に通りやすくなるのです。


<安定した収入は単純じゃない>

このように、安定した収入と言うのは定期的に収入があるだけではだめですし、また会社も本人をリストラしにくい雇用状態にあることが望ましくなるのです。そのため、派遣社員や契約社員では審査を通すことはできない金融機関もかなり多いようです。住宅ローンを将来借りることを検討しているのであればなるべく同じ職場で正規雇用として何年も働いている事が望ましくなります。

住宅ローンの払い方には、毎月1回支払う「毎月返済」と毎月の支払に加えてボーナスが支給される月に各住宅ローンで決められた額を加算して支払う「ボーナス時併用返済」とがあります。


<毎月返済>

元金と利息の合計額を毎月均等に返済してゆく方法です。ボーナス時の加算額がない分、10万単位のボーナス加算額が割り振られるという意味では月々の返済額は重くなりますが、堅実は返済計画をたてることができます。


<ボーナス時併用返済>

毎月の返済に加えて、ボーナス時に加算して返済する方法です。ボーナス時にまとまった額を返済するため、月々の負担は軽くなりますが、ボーナス月の負担は、通常の月の負担にボーナス月の返済額が加わるという点に注意が必要です。また、ボーナスに依存しすぎることは、景気の悪化や企業の業績の変化に対応しきれなくなることも考えられますので注意が必要です。

住宅ローンの返済というのは、基本的に毎月の家計の出費と考え、月々のやりくりに組み込むことが管理もしやすいうえに安全でもあります。とくに、景気の動向が不安定な状況での返済計画においてはボーナス時併用返済もなるべく少額にとどめ、不安定な要素は極力加味しないことが結果的に効率的なやりかたといえるでしょう。

住宅を購入する場合、かかるお金は物件と住宅ローンの金利だけではありません。もろもろ諸費用が必要になってきます。その金額は物件価格の3〜8%くらいといわれています。
でも、一体、どんな諸費用がかかるのでしょうか。まとめてみると次の2つに分けることができます。


<住宅の取得時にかかる費用>

住宅の取得時にかかるのは、手数料や登記に関する費用です。金額は取得する物件価格などにも左右されますので、きちんと把握してください。
司法書士には、各種登記に関する費用と報酬にかかります。
仲介手数料は、不動産業者を介した場合にかかってきます。
どちらも仕事が完了した段階での支払いになりますので、忘れないでください。


<住宅ローンにかかる費用>

聞きなれないものもあるのでしっかり説明を聞いてください。
「ローン保証料」は、借りた住宅ローンを経済的な理由で返済できなくなったり滞納したりするときに代わって返済してくれる保障会社を利用するための費用です。この場合、ローンの肩代わりをしてくれるだけで、住宅ローン自体がゼロになるわけではありません。
「ローン手数料」は、金融機関によって金額が異なります。
「団体信用生命保険」は、住宅ローンを組んだ本人が亡くなったりしてローンの返済ができなくなった場合に備えて加入する保険で、ローンの残高を保険会社が支払ってくれるので、残金がゼロになります。「火災保険」は、民間のローンでも公的なローンでも加入が義務付けられており、金額は、建物の時価から算出します。

その他、これら以外にもたくさんの費用がかかることを覚えておいてください。

住宅ローンを利用するには審査が必要になってきますが、一体何を確認しているのでしょうか?
それは勤務先や年収などについてなのだそうですよ。
最近では年収よりも年齢の方を重視しているところの方が増えてきているみたいです。
それは、借入時から何年かけて返済をするのか、その時までしっかり返済をしていただけるのかどうかについて見極めるからみたいですよ。
確かに、最後まで返済していただかなければ困ってしまいますものね。


住宅ローンには勤務形態も関わってくる?

住宅ローンの審査では勤務形態も関わってくるみたいですので、気を付けておきたいところ。
勤務先の勤続年数についてや雇用形態についても確認されますので、覚えておいていただけたらと思います。
極端に勤続年数が少ない方や安定した収入を得ていない方は、審査に通れないことになっていますのでご注意を。
公務員や会社員の方ですと、比較的に通りやすいと言われています。


健康状態も大事

健康状態についても確認されますので、これもぜひ覚えておいていただけたらと思います。
やはり病気がちな方や健康状態に悪い方は、働くことが難しくなり返済も出来ないのではないかと判断をされるみたいですので、気を付けて下さい。
健康状態もしっかり保って、安定した収入を得るようにしている方でしたら、問題なく審査に通るかと思います。
心配な方は、事前に審査について調べてみるのが良いと思いますよ。

人生の中で一番投資額の嵩む住宅の購入、殆どの人が住宅ローンを組むのが一般的です。結婚、子供の誕生、教育、子供の結婚などさまざまな人生模様が繰り広げられる中で、高額の住宅ローンは無理のない返済計画を組むことが重要であり、子供の成長に合わせて返済方法を変えて行くのも一つの選択肢です。共稼ぎであれば返済額を増やし、子供の教育費がかさむときは返済額を押さえ、子離れすれば、退職を迎える前に一括返済が出来る状況に持っていければ、老後の生活にゆとりが持てます。このように住宅ローン返済と上手に付き合う方法を取ることを前提にして、住宅を購入すれば夢のマイホームも一段と輝きを増します。


<ローン先の絞り込みと返済計画のシミュレーション>

最近はインタネット情報で、色々な金融機関の住宅ローン条件を見ることが出来るので、金利が安い、返済計画に自由度がある、諸経費が安い、万が一の補償などがついているなどの要素を加味して、最良のローン先を絞り込みます。更に住宅購入価格の目標が定まれば、自分に残された現役年数や月収・ボーナスなどの数値を出来る限り具体的にあげて、色々なバリエーションでシミュレーションし、無理のない返済計画を立て検討する事が重要です。


<老後はゆとりの人生計画>

絶対避けたいのが、退職し老後を迎えても住宅ローンに縛られて、生活にゆとりがない状況です。高額なローンと上手に付き合うことは、即ちゆとりのある老後の人生を迎えることです。

消費税の増税が2014年の4月に決まりました。今までの5パーセントから8パーセントにあがるということもあり、住宅ローン減税では住宅の上限金額の引き上げなど、減税措置が行われています。過去に3パーセントから5パーセントになったときには駆け込み需要が大きかったそうですが、今回は少し違うそうです。


住宅ローン減税の上限金額が4000万円に

今まで住宅ローンの減税を受けることができたのは住宅ローンが2000万円までとなっていましたが、今回の消費税増税を受けて、4000万円までに上がりました。そのため、2014年の4月以降に入居となり、消費税を8パーセントで支払う人は、高額の住宅ローンでも納税した金額から返金を受けることが可能となったのです。また低所得者へ向けて、給付金も支給されます。そのため、所得によっては8パーセントで住宅を購入するほうが得なケースもあるのです。


消費税で支払うお金と返ってくるお金を計算して

現在、多くの住宅ローンでは2014年4月以降の入居となるそうですが、このように消費税など負担する税金が変わる場合は、前もって給付金や減税措置をしっかりと比較することが大切です。給付金の金額によっては、高い消費税で購入するほうがお得な人も出てきます。自分の年収と減税、給付金の対象などをしっかりチェックしましょう。

一人暮らしをしている人は、賃貸住まいがほとんどです。ですが、結婚をするといっきに住居を購入する人が増えます。ですが、もちろん結婚してからも賃貸に住んでいる人も沢山います。賃貸住まいと家も購入をしてしまうのとどちらがいいのでしょうか。


賃貸に住む利点

賃貸に住む利点としては、転勤が多い家庭の場合、家族全員で移動するという考えが最初からある場合は、家を買ってしまっては移動が出来ませんから、そのような家族は賃貸暮らしの家庭もあります。またご近所トラブル等が気になるなどで、何かあった時にすぐにでも転居できるようにと考えている人です。確かに、持ち家でなければ身軽ですから、何かがあればすぐに行動することが出来ます。ですが、賃貸のデメリットとしたら、家賃が垂れ流しという事です。他人の物件にお金を払っているので、何の資産も自分には残りません。


家を購入して住宅ローンを組む

家を買い、住宅ローンを組んで、賃貸と同じ金額を支払うのであれば、前述しました通り、自分の持ち物に対して支払っているので、お金を垂れ流している事にはなりません。そう思うと、お金も勿体なくないように感じますよね。住宅ローンは返済が長い期間かかりますから、少し気が引けるかもしれないですが、同じ金額を賃貸で払っているのであれば、自分の持ち物にお金を払った方が賢いと言えるでしょう。

住宅ローンを組もうと思ったのなら、まずは自分の収入から逆算してみることをオススメです。具体的に、毎月いくらまでなら支払いできるのか、いつまで支払うことが出来るのかを考えたら、支払できる金額の全体像が見えてきます。そこからいくらまでの物件ならば購入することが出来るのかを考えて、どれくらいの住宅ローンを契約するのかを決めていきましょう!


住宅ローンの目安は収入の3割以下!?

実家で家族と同居していたり、社宅などの格安の物件に住んでいたりしない限り、毎月の収入から最も差し引かれるのが住居にかかる費用です。たとえばアパートやマンションの家賃だとしても、大体の目安は収入の25%~30%といわれています。25%といえば、20万円の収入ならば5万円、50万円の収入ならば12.5万円となります。これが一年では50万円の収入の場合150万円になり、10年で1500万円となります。


上限を押さえて物件を決める。

また、住宅ローンで借入れが出来る金額には大体の上限が設けられていて、それは収入の5倍前後といわれています。年収が600万円の人ならば約3000万円が上限となります。しかし、頭金をいくらか入れるとしても、収入の1/3を上回るような支払金額にしてしまうと、貯蓄や他の費用に回すことが出来ないので、注意しましょう。

昨今住宅の購入時に一括で必要経費を払える人はほぼいないと思ってよいでしょう。その為住宅購入には住宅ローンの利用が不可欠です。しかしもし勤めている会社が経営不振に陥ったら、また病気や怪我など何等かの理由でローンを払えなくなったらどうなるのでしょうか。


住宅ローン未払いに対する催促

住宅ローンの支払いが滞るとまずあなたの元に支払いを催促する通知が送られてきます。言ってしまえば督促状のようなものですが基本的にはあなたが何回分、いくら現在住宅ローンを支払えていないかといった内容に加え、これ以上滞納が続くと一括で返済してもらいますよ、それが出来ないのであれば家を競売にかけますよといった旨が書かれている事でしょう。


住宅が競売にかけられる

それでも住宅ローンが支払われなかった場合いよいよローン一括返済が行なわれます。またローン返済の為にあなたが購入した家は競売にかけられる事になります。ただ仮に家が売れたとしてもあなたの元には1円も戻ってこない上に家を売っても完済出来なかったローンはあなたの債務として残ります。ただ住宅の購入には前述の通りこれらの商品の利用は不可欠なのでこういった事態を避ける為にも住宅ローンは極力無理の無い返済額に設定する事が重要ですし、家は慎重に選ぶのが好ましいと言えます。

お子様が出来て、家を買おうと思う人は沢山いるでしょう。子育てをしながらの住宅ローンの返済について考えてみました。


子供にかかる教育費

子供を大学まで行かせる場合、費用としては、1000万円から2000万円と言われています。行く学校などによって、費用は大きく変わりますが、最低でも1000万円はかかるという事です。子供は、一人かどうかもわかりません。2人になれば、その金額は倍になります。三人なら三倍です。子供にはとても沢山の費用がかかるのです。


住宅ローンの金利決定と返済方法

住宅ローンを組むときの子供の年齢によっても、どのような金利タイプを選ぶのか、どのように返済していくのかは変わってきます。子供がまだ小さい場合は、だいぶ先に教育費が膨大にかかる時期が来ます。もう子供が高校生などであれば、近い将来、子供への教育費の出費は終了します。今、こどもがどのような状況かによって住宅ローンの組み方は変わってくるのです。そして、是非利用してもらいたいのが、子育てを援助してくれる受託ローンです。金利が子供の人数によって減るなどの優遇をしてくれるのです。子供を育てながらの返済は本当に大変です。しっかりと計画を立て、使えるサービスはすべて利用をしましょう。

住宅ローンはある一定の条件を満たすと一部の金額が減税あるいは控除されるという特性を持っています。この住宅ローン控除制度は財務省が国民のより安全で済みやすい暮らしをサポートする目的に実施されています。基本的な減税対象は新たに家を建てる為の費用や、その家を建てる為の土地の購入費用、特定の条件を満たした増改築費用となっています。また減税は平成25年~平成29年に居住した方を対象としており減税期間は一律10年間となっています。


住宅ローン控除と床面積

まず一般的な住宅ローンの控除条件として挙げられているのは広さになります。控除を受けられる家の条件は「床面積50平方メートル以上」と定められており、建築費用や土地費用、増改築費用のどれを控除するにしてもこの条件は適応されます。また既存の物件を買い取る場合は築20年以内で耐火や耐震において安全基準を満たしている事も条件に含まれます。


バリアフリー化と省エネ化

また例外として家をバリアフリーに改装する場合や、省エネ改修を家に施す場合にも住宅ローンの控除が認められる場合があります。いずれも一般控除と同様に床面積は50平方メートル以上を条件としている他、これらの改修による減税は有効期限が5年間となっています。