マンションの売却を検討するなら、まずは査定から始めよう!

マンション

マンションを売却したいと思った場合、まずは自分が所有するマンションがどの程度の価値があるのかを理解することは重要です。
自分のマンションの価値を理解することで、次にどのような家に住むか、資金計画はどうするかと言ったことがより具体的に決められるようになります。

自分のマンションの価値を知ろう

転職、転勤、子供の進学、家庭の事情など、自分の保有するマンションを売却する理由は様々だと思いますが、どのような事情があるにせよ、マンションの売却を考えた場合、最初にするべきことは、不動産会社に査定をお願いすることだと思います。査定依頼を受けた不動産会社は、周辺物件での売買成立の事例や売却を考えている部屋の広さやスペックなどを考慮して、予想売却可能価格を教えてくれます。この予想売却可能価格は、そもそも売却することが妥当か、また、売却してもよいと考えた場合に次にどのような家に住むのか、新たにマンションや戸建てを買う場合の資金計画、など今後の行動を決めるための第一歩となります。

査定はどこにお願いするべきか

不動産仲介業を行っている不動産会社であれば、どの会社も無料査定サービスを行なっているところが多いです。査定サービスには主に2つの種類があります。1)机上査定と2)訪問査定です。机上査定とは売却を考えているマンションの部屋の部屋の広さやスペック、周辺成約事例を参考に予想売却可能価格を算出します。訪問査定とは、机上査定の結果に加えて、部屋の使用状況などを踏まえた上でより詳細な予想売却可能価格を算出するものです。
部屋の汚れや傷み加減が査定結果に影響をするのは言うまでもないことですが、自ら行ったリフォーム・リノベーションなどもマンション価値に影響を与えますので、訪問査定においてはこの点もチェックします。
査定依頼をする上で重要なポイントは、複数の不動産会社に査定を依頼するということです。複数の不動産会社の査定結果を参考にすることで、より客観的に売却可能価格を把握することができます。

査定結果をどのように受け止めるべきか

机上査定、訪問査定のいづれの査定を依頼しても、数日のうちに不動産会社から予想売却可能価格が書かれたレポートを受け取ることになります。レポートには、どのように予想売却可能価格を算出したかのロジックが詳細に説明されており、市場動向、マンションのブランド力、所有する部屋で加点や減点となったポイント(南東角部屋なのでプラス1点など)が分かりやすく説明されております。
自分自身が所有するマンションには思い入れがあるので、レポートを読むと減点ポイントには強く反論したくなったり、プラスの点についてはもっと加点して欲しいと思うものです。しかし、第三者からはこのように見えるものなのだと冷静に理解することが必要です。ここで不動産会社と査定結果について議論をしたところで、あまり意味がないのです。

査定結果を見る上で注意すべき点

査定結果を見る上で注意すべき点があります。それは予想売却可能価格が妙に高い不動産会社のレポートには注意が必要だということです。多くの人は自分の所有するマンションが高く売れるといいなと願うものです。その結果、予想売却価格が高い不動産会社に依頼をすれば高く売ってくれるのではないかと考えてしまいがちです。不動産会社の中にはその心理を利用して、レポートに高めの予想売却価格記載することにより自社に不動産売却の仲介契約をしてもらうということを狙っている業者もあります。しかし、実際の売却活動が始まると、高すぎる売却価格によりお客さんが全く反応をせず、結局は大幅に売却価格を下げなくては売れないというケースも稀に見受けられます。このような事態を避ける為にも複数の不動産会社に査定依頼をして正しい相場観を持つことが大切なのです。

どの不動産会社に売却をお願いをするか

適切な査定結果が得られたら、次に考えるべきことはどの不動産会社に売却のお願いをするかということです。仮にあなたが次に住もうと考えている新築マンションの売主と同じグループ会社の不動産会社が適切な査定結果を提示しているのであれば、まずはこの不動産会社に相談してみると良いと思われます。その理由としては、同じグループ会社であれば、新築マンションへの入居のタイミングと売却した物件の引渡しのタイミングなどを調整してくれたり、その他の煩雑な作業についても柔軟に対応をしてくれます。また、会社によっては仲介手数料の割引制度があったりもします。特に同じグループ会社の物件に引越すということでなければ、各社のサービス(買取保証サービスや売却活動を始める前のクリーニング・サービス等)を比較するのもよいと思います。

まずは査定から始めましょう。

自宅マンションの売却を考えたら、まずは自分が所有するマンションがどの程度の価値があるのかを理解するため、複数の不動産会社に査定依頼をすることから始めましょう。査定結果に一喜一憂するのではなく、購入者はこのような視点で物件を評価するのかと理解することが重要です。また、減点ポイントがあった場合、その点を修正することで物件価値を回復することもできるわけです(お風呂場の汚れが減点対象ならば、業者さんに掃除依頼すれば問題解決です!)
査定結果やサービス内容を参考にどの不動産会社に売却依頼をするかを決めることになると思いますが、最後は担当者がどのような人かというのも非常に重要だと思います。高額な売買をお願いするのですから、信頼ができる担当者をパートナーにするのも重要ですね。

コメントは受け付けていません。