任意整理後の住宅ローンの申請

人には様々な事情があります。どうしても住宅ローンの支払が難しくなり、住宅を手放す手続きが必要な場合もあります。
ローンが支払えなくなり、任意整理などで自宅を手放した過去がある場合、再び住宅ローンを申請することは可能なのでしょうか。


<過去に任意整理をしていても住宅ローンの申請は可能です>

ただし、これには条件があります。
任意整理から5年が経っており、なおかつ返済も済んでいること。
それなりの貯蓄がありできるだけの頭金が用意できること。

任意整理から時間が経っていない場合は、新たな申請しても不可になります。
これは、申請の際に審査される項目に本人の年収の水準、勤務先の状況、そして本人の信用情報の参照があるからです。
本人の信用情報とは、過去に支払いを滞納したことがあるかなどの、いわゆるブラックリスト情報です。

任意整理をしていた履歴が信用情報から消えるまでに、5年がかかります。
そのため、再びローンの申請をする場合には少なくとも5年の期間が必要なのです。


<住宅ローンには計画性を>

過去に任意整理をしたことがあっても、新たに家庭を持ったり、どうしても住宅が必要になる場合もあります。計画的に住宅ローンの返済を行うために、また再び任意整理しなければならない状況を避けるために、今の自分の状況で支払いを続けられるかをきちんと考えましょう。

コメントは受け付けていません。