住宅ローンと消費税の話

消費税の増税が2014年の4月に決まりました。今までの5パーセントから8パーセントにあがるということもあり、住宅ローン減税では住宅の上限金額の引き上げなど、減税措置が行われています。過去に3パーセントから5パーセントになったときには駆け込み需要が大きかったそうですが、今回は少し違うそうです。


住宅ローン減税の上限金額が4000万円に

今まで住宅ローンの減税を受けることができたのは住宅ローンが2000万円までとなっていましたが、今回の消費税増税を受けて、4000万円までに上がりました。そのため、2014年の4月以降に入居となり、消費税を8パーセントで支払う人は、高額の住宅ローンでも納税した金額から返金を受けることが可能となったのです。また低所得者へ向けて、給付金も支給されます。そのため、所得によっては8パーセントで住宅を購入するほうが得なケースもあるのです。


消費税で支払うお金と返ってくるお金を計算して

現在、多くの住宅ローンでは2014年4月以降の入居となるそうですが、このように消費税など負担する税金が変わる場合は、前もって給付金や減税措置をしっかりと比較することが大切です。給付金の金額によっては、高い消費税で購入するほうがお得な人も出てきます。自分の年収と減税、給付金の対象などをしっかりチェックしましょう。

コメントは受け付けていません。