昨今住宅の購入時に一括で必要経費を払える人はほぼいないと思ってよいでしょう。その為住宅購入には住宅ローンの利用が不可欠です。しかしもし勤めている会社が経営不振に陥ったら、また病気や怪我など何等かの理由でローンを払えなくなったらどうなるのでしょうか。


住宅ローン未払いに対する催促

住宅ローンの支払いが滞るとまずあなたの元に支払いを催促する通知が送られてきます。言ってしまえば督促状のようなものですが基本的にはあなたが何回分、いくら現在住宅ローンを支払えていないかといった内容に加え、これ以上滞納が続くと一括で返済してもらいますよ、それが出来ないのであれば家を競売にかけますよといった旨が書かれている事でしょう。


住宅が競売にかけられる

それでも住宅ローンが支払われなかった場合いよいよローン一括返済が行なわれます。またローン返済の為にあなたが購入した家は競売にかけられる事になります。ただ仮に家が売れたとしてもあなたの元には1円も戻ってこない上に家を売っても完済出来なかったローンはあなたの債務として残ります。ただ住宅の購入には前述の通りこれらの商品の利用は不可欠なのでこういった事態を避ける為にも住宅ローンは極力無理の無い返済額に設定する事が重要ですし、家は慎重に選ぶのが好ましいと言えます。