賃貸住まい程勿体ないものはない

一人暮らしをしている人は、賃貸住まいがほとんどです。ですが、結婚をするといっきに住居を購入する人が増えます。ですが、もちろん結婚してからも賃貸に住んでいる人も沢山います。賃貸住まいと家も購入をしてしまうのとどちらがいいのでしょうか。


賃貸に住む利点

賃貸に住む利点としては、転勤が多い家庭の場合、家族全員で移動するという考えが最初からある場合は、家を買ってしまっては移動が出来ませんから、そのような家族は賃貸暮らしの家庭もあります。またご近所トラブル等が気になるなどで、何かあった時にすぐにでも転居できるようにと考えている人です。確かに、持ち家でなければ身軽ですから、何かがあればすぐに行動することが出来ます。ですが、賃貸のデメリットとしたら、家賃が垂れ流しという事です。他人の物件にお金を払っているので、何の資産も自分には残りません。


家を購入して住宅ローンを組む

家を買い、住宅ローンを組んで、賃貸と同じ金額を支払うのであれば、前述しました通り、自分の持ち物に対して支払っているので、お金を垂れ流している事にはなりません。そう思うと、お金も勿体なくないように感じますよね。住宅ローンは返済が長い期間かかりますから、少し気が引けるかもしれないですが、同じ金額を賃貸で払っているのであれば、自分の持ち物にお金を払った方が賢いと言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。