Monthly Archives:11月 2013

一人暮らしをしている人は、賃貸住まいがほとんどです。ですが、結婚をするといっきに住居を購入する人が増えます。ですが、もちろん結婚してからも賃貸に住んでいる人も沢山います。賃貸住まいと家も購入をしてしまうのとどちらがいいのでしょうか。


賃貸に住む利点

賃貸に住む利点としては、転勤が多い家庭の場合、家族全員で移動するという考えが最初からある場合は、家を買ってしまっては移動が出来ませんから、そのような家族は賃貸暮らしの家庭もあります。またご近所トラブル等が気になるなどで、何かあった時にすぐにでも転居できるようにと考えている人です。確かに、持ち家でなければ身軽ですから、何かがあればすぐに行動することが出来ます。ですが、賃貸のデメリットとしたら、家賃が垂れ流しという事です。他人の物件にお金を払っているので、何の資産も自分には残りません。


家を購入して住宅ローンを組む

家を買い、住宅ローンを組んで、賃貸と同じ金額を支払うのであれば、前述しました通り、自分の持ち物に対して支払っているので、お金を垂れ流している事にはなりません。そう思うと、お金も勿体なくないように感じますよね。住宅ローンは返済が長い期間かかりますから、少し気が引けるかもしれないですが、同じ金額を賃貸で払っているのであれば、自分の持ち物にお金を払った方が賢いと言えるでしょう。

住宅ローンを組もうと思ったのなら、まずは自分の収入から逆算してみることをオススメです。具体的に、毎月いくらまでなら支払いできるのか、いつまで支払うことが出来るのかを考えたら、支払できる金額の全体像が見えてきます。そこからいくらまでの物件ならば購入することが出来るのかを考えて、どれくらいの住宅ローンを契約するのかを決めていきましょう!


住宅ローンの目安は収入の3割以下!?

実家で家族と同居していたり、社宅などの格安の物件に住んでいたりしない限り、毎月の収入から最も差し引かれるのが住居にかかる費用です。たとえばアパートやマンションの家賃だとしても、大体の目安は収入の25%~30%といわれています。25%といえば、20万円の収入ならば5万円、50万円の収入ならば12.5万円となります。これが一年では50万円の収入の場合150万円になり、10年で1500万円となります。


上限を押さえて物件を決める。

また、住宅ローンで借入れが出来る金額には大体の上限が設けられていて、それは収入の5倍前後といわれています。年収が600万円の人ならば約3000万円が上限となります。しかし、頭金をいくらか入れるとしても、収入の1/3を上回るような支払金額にしてしまうと、貯蓄や他の費用に回すことが出来ないので、注意しましょう。

昨今住宅の購入時に一括で必要経費を払える人はほぼいないと思ってよいでしょう。その為住宅購入には住宅ローンの利用が不可欠です。しかしもし勤めている会社が経営不振に陥ったら、また病気や怪我など何等かの理由でローンを払えなくなったらどうなるのでしょうか。


住宅ローン未払いに対する催促

住宅ローンの支払いが滞るとまずあなたの元に支払いを催促する通知が送られてきます。言ってしまえば督促状のようなものですが基本的にはあなたが何回分、いくら現在住宅ローンを支払えていないかといった内容に加え、これ以上滞納が続くと一括で返済してもらいますよ、それが出来ないのであれば家を競売にかけますよといった旨が書かれている事でしょう。


住宅が競売にかけられる

それでも住宅ローンが支払われなかった場合いよいよローン一括返済が行なわれます。またローン返済の為にあなたが購入した家は競売にかけられる事になります。ただ仮に家が売れたとしてもあなたの元には1円も戻ってこない上に家を売っても完済出来なかったローンはあなたの債務として残ります。ただ住宅の購入には前述の通りこれらの商品の利用は不可欠なのでこういった事態を避ける為にも住宅ローンは極力無理の無い返済額に設定する事が重要ですし、家は慎重に選ぶのが好ましいと言えます。

お子様が出来て、家を買おうと思う人は沢山いるでしょう。子育てをしながらの住宅ローンの返済について考えてみました。


子供にかかる教育費

子供を大学まで行かせる場合、費用としては、1000万円から2000万円と言われています。行く学校などによって、費用は大きく変わりますが、最低でも1000万円はかかるという事です。子供は、一人かどうかもわかりません。2人になれば、その金額は倍になります。三人なら三倍です。子供にはとても沢山の費用がかかるのです。


住宅ローンの金利決定と返済方法

住宅ローンを組むときの子供の年齢によっても、どのような金利タイプを選ぶのか、どのように返済していくのかは変わってきます。子供がまだ小さい場合は、だいぶ先に教育費が膨大にかかる時期が来ます。もう子供が高校生などであれば、近い将来、子供への教育費の出費は終了します。今、こどもがどのような状況かによって住宅ローンの組み方は変わってくるのです。そして、是非利用してもらいたいのが、子育てを援助してくれる受託ローンです。金利が子供の人数によって減るなどの優遇をしてくれるのです。子供を育てながらの返済は本当に大変です。しっかりと計画を立て、使えるサービスはすべて利用をしましょう。

住宅ローンはある一定の条件を満たすと一部の金額が減税あるいは控除されるという特性を持っています。この住宅ローン控除制度は財務省が国民のより安全で済みやすい暮らしをサポートする目的に実施されています。基本的な減税対象は新たに家を建てる為の費用や、その家を建てる為の土地の購入費用、特定の条件を満たした増改築費用となっています。また減税は平成25年~平成29年に居住した方を対象としており減税期間は一律10年間となっています。


住宅ローン控除と床面積

まず一般的な住宅ローンの控除条件として挙げられているのは広さになります。控除を受けられる家の条件は「床面積50平方メートル以上」と定められており、建築費用や土地費用、増改築費用のどれを控除するにしてもこの条件は適応されます。また既存の物件を買い取る場合は築20年以内で耐火や耐震において安全基準を満たしている事も条件に含まれます。


バリアフリー化と省エネ化

また例外として家をバリアフリーに改装する場合や、省エネ改修を家に施す場合にも住宅ローンの控除が認められる場合があります。いずれも一般控除と同様に床面積は50平方メートル以上を条件としている他、これらの改修による減税は有効期限が5年間となっています。