Monthly Archives:1月 2014

人生の中で一番投資額の嵩む住宅の購入、殆どの人が住宅ローンを組むのが一般的です。結婚、子供の誕生、教育、子供の結婚などさまざまな人生模様が繰り広げられる中で、高額の住宅ローンは無理のない返済計画を組むことが重要であり、子供の成長に合わせて返済方法を変えて行くのも一つの選択肢です。共稼ぎであれば返済額を増やし、子供の教育費がかさむときは返済額を押さえ、子離れすれば、退職を迎える前に一括返済が出来る状況に持っていければ、老後の生活にゆとりが持てます。このように住宅ローン返済と上手に付き合う方法を取ることを前提にして、住宅を購入すれば夢のマイホームも一段と輝きを増します。


<ローン先の絞り込みと返済計画のシミュレーション>

最近はインタネット情報で、色々な金融機関の住宅ローン条件を見ることが出来るので、金利が安い、返済計画に自由度がある、諸経費が安い、万が一の補償などがついているなどの要素を加味して、最良のローン先を絞り込みます。更に住宅購入価格の目標が定まれば、自分に残された現役年数や月収・ボーナスなどの数値を出来る限り具体的にあげて、色々なバリエーションでシミュレーションし、無理のない返済計画を立て検討する事が重要です。


<老後はゆとりの人生計画>

絶対避けたいのが、退職し老後を迎えても住宅ローンに縛られて、生活にゆとりがない状況です。高額なローンと上手に付き合うことは、即ちゆとりのある老後の人生を迎えることです。