Monthly Archives:5月 2014

住宅ローンの払い方には、毎月1回支払う「毎月返済」と毎月の支払に加えてボーナスが支給される月に各住宅ローンで決められた額を加算して支払う「ボーナス時併用返済」とがあります。


<毎月返済>

元金と利息の合計額を毎月均等に返済してゆく方法です。ボーナス時の加算額がない分、10万単位のボーナス加算額が割り振られるという意味では月々の返済額は重くなりますが、堅実は返済計画をたてることができます。


<ボーナス時併用返済>

毎月の返済に加えて、ボーナス時に加算して返済する方法です。ボーナス時にまとまった額を返済するため、月々の負担は軽くなりますが、ボーナス月の負担は、通常の月の負担にボーナス月の返済額が加わるという点に注意が必要です。また、ボーナスに依存しすぎることは、景気の悪化や企業の業績の変化に対応しきれなくなることも考えられますので注意が必要です。

住宅ローンの返済というのは、基本的に毎月の家計の出費と考え、月々のやりくりに組み込むことが管理もしやすいうえに安全でもあります。とくに、景気の動向が不安定な状況での返済計画においてはボーナス時併用返済もなるべく少額にとどめ、不安定な要素は極力加味しないことが結果的に効率的なやりかたといえるでしょう。