マンションの売却の流れと基礎知識

マンション売却の流れと基礎知識

マンションを売却することは人生でそんなにあることではありません。そのため、慎重に行う必要があります。この記事では、マンションの売却の流れと知っておいて損はないことを広く紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

不動産会社に査定依頼をする

マンションを売却すると決心したらまずは不動産会社にマンションの査定依頼をすることです。マンションの売却が成功するかどうかは不動産会社で決まるといっても過言ではありません。不動産会社の中にはサービスが良いところもあれば悪いところもあります。もし良い不動産会社に当たれば不動産会社任せにすることもできますし、さまざまなことを相談しながら物事を進めていくこともできます。従来は不動産会社を1社1社探して査定依頼することが一般的でしたが、近年はインターネットの普及で不動産一括査定サービスを実施しているサイトもあります。これは自身が所有しているマンションの情報を入力するだけで複数の不動産会社から査定してもらえるサービスのことです。このサービスの良いところは1度に多くの会社から査定金額を提示してもらえることです。不動産一括査定サービスを利用すると1社1社査定依頼する必要がなく時間と手間を節約することができます。とても便利なので利用することをおすすめです。

契約の種類を把握する

不動産会社に査定依頼をした後は納得のいく査定額を提示した会社をピックアップしていきましょう。査定金額だけで不動産会社を評価するのは危険なので、きちんと顔と顔を会わせて面談を行います。ここで不動産会社のやる気や信頼性を確認します。そうして十分信頼できる会社のいくつかと契約をします。このときに注意するべきことがあります。それは契約の種類についてです。契約には主に3種類あります。専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3つです。専属専任媒介契約とは契約した不動産会社としか売却を進めることができず、しかも他の不動産会社と売却相談すらできないという特徴があります。専任媒介契約も専属専任媒介契約と似たような内容ですが、他の不動産会社と売却相談することは可能です。一般媒介契約は契約を締結した不動産会社以外とも売却活動も売却相談もできるという特徴があります。そのため、不動産会社と契約するときには自由度の高い一般媒介契約を締結することをおすすめします。特に、一括査定サービスを利用するときにはこの契約が望ましいでしょう。専属専任媒介契約と専任媒介契約で締結すると、不動産一括査定を利用できないからです。

銀行に事前に売却可能性があることを事前に通知しておく

マンションの売却することを決めて不動産会社とも契約を締結すれば銀行に事前に通知しましょう。所有しているマンションに住宅ローンが残っている状態だと、売却するときに抵当権を抹消する必要があるからです。銀行などの金融機関が住宅ローンでお金を貸すときに、もし回収できないときの担保として不動産を確保するのが一般的です。このことを抵当権といいます。物件にこの抵当権が付いたままだと買い手は完済されたかどうかを確認することができないので、その不安から購入することを控えてしまいます。残債を清算して抵当権を抹消してから買い手に売却しなければいけませんので、手続きがスムーズに進むように早めに銀行には通知しておきましょう。

内覧対応と引渡を行う

不動産会社と契約を締結した後は不動産会社が購入希望者をマンションに連れてきます。そのときに内覧対応を行いましょう。購入者が女性の場合は男性が対応すると不安を感じる場合があります。奥様がいる人の場合は奥様にお願いしてみるといいかもしれません。この内覧対応は意外に重要です。内覧の時に部屋をきれいにしておいたり、人数分のスリッパを用意したり、笑顔で接するなどの細やかな心遣いを心がけましょう。内覧のときのもてなしが購入を決定する要因にもなります。そうして内覧対応をして買い手から高い評価をしてもらって売却金額にも納得がいけば売買契約を締結します。締結し終わればマンションの引渡を行います。契約から引渡までは約1ヶ月かかります。以上がマンションを売却するときの流れになります。

知っておくべきこととまとめ

マンションの売却において知っておいて損はないこともあります。その1つはマンションの売買がもっとも活発な時期は2月から3月にかけてということです。それというのも、4月からは新生活を迎える学生や社会人が多いからです。そのため、買い手も売り手も殺到するというわけです。また、9月頃も社会人の転勤や人事異動の時期でもありますので、市場に動きが起こりやすいです。可能であればこの時期を狙って売却をすることです。もう1つはリフォームはあまりしないことです。中古マンションの魅力は価格なので、リフォームでお金をかけてしまって価格を上げても、買い手からすれば魅力を感じなくなります。これまでマンション売却の流れと知っておくべきことを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。マンションの売買は人生で何度もすることではないので、しっかりと頭に入れた上で実践しましょう。

コメントは受け付けていません。